東村山市 畳障子張り替え

小さなお孫さんが障子を破いてしまうので、今度は破れにくい紙では貼ってねとリクエストいただきましたので、今回使用したのは強化紙です、普通紙の5倍の強度です見た目は普通紙と変わりませんがマスクなどに使う不織布で作られています、たしかに私がちがってもなかなか破れませんでした。紙が厚手でしわになりにくいので貼るも簡単です。小さなお子さんやペットのいるご家庭におすすめです。

 

 

畳の持ち込み 歓迎

いろいろな業者の方が、張り替える畳を持って来てくれます。取りに行ったり持って行く手間が省けるので安くやっています、またいらなくなった畳の処分もしているので業者の方に好評です。今日は、東村山市のクロス屋さんが持って来てくれました、たまに一般の方からも持ち込みされる事もあります。

東村山市 襖張り替え

元気な男の子の兄弟が破いてしまったそうです、お母さんは不安そうな顔をして直りますかと聞いてきました。                                           大丈夫です心配いりません。襖や畳は張り替えればもとのように綺麗になります!

武蔵村山市 畳の祭典

32C38D08-F0C6-4974-970A-0B9FCEA645D7東京都畳材料商業協同組合主催で畳ワールドin東京2018が9月30日(日)に開催されました。いつもは池袋サンシャインシティで開催していましたが、今回はイオンモールむさし村山での開催です。

い草博士の北九州市立大学 森田教授が「畳の寺小屋教室」の中で畳表の原料のい草は、昔は薬草に使われていて殺菌作用があり貴重品だったそうです、そのい草で作られ畳を部屋中に敷き詰めることはたいへん贅沢で限られた階級の人しか使用できなかったそうです。

畳.い草を良さを見て、聞いて、知って楽しめるイベントでした。

 

 

わかりずらいですが

80238BE0-E3F2-43BE-B673-9F2E98065B956帖の表替えのうち、真ん中の畳はダイケン健やか表銀白、のこり5帖の畳はセキスイの美草、畳縁も2種類使用しています。施主さんのご希望で施工しました。決して余った材料を使ったわけではありません!

暑い夏に涼しい畳

DB65AA1D-EB28-462F-8D26-BBE7B5D022CE毎日、暑い日が続きますが、本日の表替えに使用した畳表は涼風と書いてすずかぜと言います。涼風は平成8年から9年の歳月をかけて開発して、平成28年から流通している熊本県産の新しい品種です。

ひのみどりと沖縄太イ草かけあわせたイ草で特徴は茎が太く実入りがあり太く硬いため、肉厚で耐久性がある印象です、栽培中も暑さに強く枯れる事も少なく生産性が高いので農家の方に評判が良く生産する農家さんが増えいるそうです。

これから、熊本産畳表の50パーセント以上が涼風になると見られています。

畳替えオプション

451E3E51-87B2-4DB2-B276-87552A1288DCわかりずらいですが、畳表と畳床の間に黒いシートを挟んで施工しています。黒いシートは、竹炭シートと言って一帖に対し竹炭が40グラム使用しています。竹炭にはすぐれた効能があます、消臭効果、調湿効果、殺菌効果、マイナスイオン効果などがあります。竹炭には無数のミクロの穴があり、この穴に空気や湿気が通ることによって有害な物質を吸着して穴にいる微生物が分解してくれるので健康にいいと言われています。

ちなみに、竹炭シートの価格は税別プラス1500円です。